グーグルマップのパラメータを修正して吹き出し内容を編集する話

公開日:2013年6月26日 

グーグルマップのパラメータを修正して吹き出し内容を編集する話

地図の貼り付けなど簡単にできるグーグルマップ。パラメータの内容を理解して自由自在に使おう。。。と思ったが条件によってパラメータが言うことをきかなかったりします。 ですので、とりあえず吹き出しの内容の編集を。


追記:2015/2/10
本記事は以前のグーグルマップのパラメータ修正の話です。今のグーグルマップ埋め込みとは仕様が異なります。

記事書きながらいろいろと調査してわかったのですが、本記事の内容はあまり実用的ではありません。なんらかの事情で吹き出しの内容を変えたい場合、やってみてください。
地図の場所によって出てくるパラメータが違かったりしますが、うまく応用してみてください。


会社やお店の地図をグーグルマップを使って貼り付ける方も多いとおもいます。
そんな時、
何らかの理由で吹き出しの内容を変えたり、最寄りの駅まで表示させたりするにはURLパラメータの変更がオススメです。(パラメータ全体の話にすると長くなりすぎるので、今回はフキダシの内容の編集について)

グーグルマップを普通に貼り付ける方法は、わかりにくいと定評のあるグーグルマップ公式サイトでご確認ください。

パラメータ変更前に

わざわざパラメータを変更して店名など表示させなくても、webサイトを作ってしばらくすると、(勝手に?)グーグルマップに登録されます。そしたらこの記事でやること以上にしっかり表示させられます。

tenkaippin

天下一品ではいつもチャー定コッテリ

ちなみに、自分で登録もできます。(開業したらさっさと登録しときましょう)
googleプレイス

パラメータの意味

・URLパラメータとは?

https://maps.google.com/maps?t=k&hl=ja&ie=UTF8&・・・・
といったURLの後に付く「?」以降の文字のことをURLパラメータといいます。URLの後にパラメータを付けることによって、サーバーにあれこれ命令することができます。
今回の場合、グーグルマップに「吹き出しに任意の文字を表示させろ」と命令します。

吹き出しに任意の文字を表示させる

吹き出しに任意の文字を表示させるには、下記のパラメータの「q」と「hnear」を修正します。

修正前

住所表示

このように表示されます。
(上記ソースは見やすくするため途中で改行してます。それでもわかりにくいですね。修正するのは左の項番2と4です。)

修正後

kokonishugou

このように表示されます。

様々なパターンで試したところ、パラメータqを「座標(任意の文字)」に、hnearを「座標」にしないと吹き出しの中の文字は編集できないようです。
地図の場所によっては、URLエンコードされた日本語の住所でも大丈夫だったりします。

URLエンコードされた日本語の住所とは、上記ソースの「%E7%A5%9E%E5%A5%88%E5%B7%9D%E7%9C%8C%E6%A8%AA%E6%B5%9C%E5%B8%82%E4%B8%AD%E5%8C%BA%E6%96%B0%E6%B8%AF%EF%BC%91%E4%B8%81%E7%9B%AE%EF%BC%91」という部分です。これをデコードすると「神奈川県横浜市中区新港1丁目1」になります。

座標の調べ方

グーグルマップ上の座標を調べたい地点でマウスの右クリック、「この場所について」をクリックすると、グリーンの下向き矢印が出ます。その矢印をクリックすると吹き出しに座標が表示されます。

吹き出しを消す(表示させない)

吹き出し関係でもうひとつ。
地図が小さいと吹き出しが大きすぎて邪魔だったりします。そんな時はパラメータの「iwloc=A&」のAをB(A以外ならなんでもいいみたい)にすると、吹き出しは非表示になります。

地図貼り付け者の個人情報を守る。

個人情報というと大げさですが、パラメータに「sll」というのがあります。(「ll」じゃないですよ。上記ソースからは削除済みです)
これは、貼り付ける時に開いたグーグルマップのデフォルトの座標です。グーグルアカウントを持っていて自宅の住所を記録・保存してる方は、自宅がバッチリわかっちゃいます。
何も登録してないorログアウトして貼り付けた場合だと、区や市くらい(プロバイダ所在地か?)しかわかりません。(保証はできません)
sllはルート検索の出発点を記録するためのものですので、気になる方は削除したらいいと思います。


最初にも書いたとおり、調べていくうちに実用性無いなと気づき、何のために書いたのかわかりません 笑
グーグルマップを仕事で使うなら、途中で書いたグーグルプレイスを上手に使いましょう。って事に気付かされたって話でした。

最近プログラミングの勉強を始めました。どうせなら勉強する目的がほしいのでビットコインの自動売買プログラムを教材にしたいと思いました。
udemyに良さげな教材がありました。
https://www.udemy.com/ruby-bitcoin/


コメントを残す