ハロウィンの仮装で使うヴァンパイアの牙を自由樹脂で自作した

公開日:2013年10月30日 

ハロウィンの仮装で使うヴァンパイアの牙を自由樹脂で自作した

自由樹脂(フレンドリープラスチックペレット)というものがありまして、お湯で溶けて自由に成形できるんです。それを使ってハロウィンパーティーでも使えるキバを作ってみました。そして人生初のハロウィン仮装をしてみました。


注意!
火傷したり歯の隙間にハマってしまう可能性もあります。本記事の内容を実践する場合、細心の注意をはらい自己責任でお願いします。

必要なもの

・自由樹脂(フレンドリープラスチックペレットなど)

kiba1

フレンドリープラスチックペレット 4.4オンス(125g)

Amazonの写真とパッケージが異なりますが中身は同じものです。いろいろ試したわけではなく、妻が通販で買ったものなんですが、使い勝手は良かったです。

・お湯

樹脂を溶かすのに使います。

・ボウル

茶碗でもなんでも大丈夫です。

・割り箸

熱湯の中から樹脂を取るのに使います。

作り方

1.お湯を沸かします。

自由樹脂は60度で溶けるのですが、60度のお湯を作るのは難しいので沸騰したお湯で大丈夫です。

2.ボウルにお湯を入れて、そこにスプーン一杯くらいの自由樹脂を入れます。

kiba2

熱湯の場合、すぐにとけて透明になります。わかりにくいですが、下の写真に写っているのが溶けた自由樹脂です。「溶けた」と言っても、水に解けたり、ドロドロになったりはせず箸でつまめる程度の粘度です。水飴のようにネバネバしたりベトベトはしません。仮に熱いうちに絨毯に落としてもくっついたりはしません。

3.透明になった樹脂を取り出します。

kiba3

上写真の赤丸のように透明になります。
取り出した直後は熱いです。恐る恐る触って大丈夫だと思っても中が熱いかもしれません。

4.自分の歯で土台の型を取りつつ、同時に牙を作ります。

繰り返しますが、外が触れる温度でも中は熱いかもしれません。すぐに固まったりしませんので、落ち着いて作業してください。

いきなり歯型を取ったりせず、とりあえず自由樹脂を手でイジって遊んでみてください。と同時に材質の特性やらクセ、固まり始めるタイミングなど観察してみてください。

これ1個(125g)でキバなら100本分くらいはできそうなので、樹脂を無駄にしても大丈夫です。

あと、人によっては歯の隙間にキッチリ入ってしまうと外れなくなりますので、そのあたりも恐る恐る作業してください。

ついでに「化学物質がー」と思うならやめときましょう。おそらく問題無いと思いますが。ちなみに無味です。

5.カッターやヤスリで形を整えます。

熱いうちに大雑把なものはできたと思いますが、カッターやヤスリで細かい加工をします。と言いたいところですが、材質と形状的に難しいです。特にこのような小さいものをカッターで加工するのは危険ですので、止めときましょう。上記「4」である程度の物はできます。

しつこいようですが注意点をもう一つ、誤飲しないよう気をつけてください。

完成品

kiba4

私の場合、後先考えず歯形をガッチリとりました。簡単に外れなくて焦りました。

kiba5

単体で見るとヘボさが目立ちます

このようにパーツだけみると作りが雑ですが、こんな小さいパーツなら多少不細工でも実用面で困らないと考えております。

さて、実装の前に、せっかくなのでハロウィンらしく少しだけ仮装をします。

実装

vampire

題:初めてのハロウィン仮装

こんな感じです。

反省点としましては、キバが長すぎて口が閉じられませんし、うまく喋れませんでした。サイズは「犬歯の長さを1.5倍くらいにする」くらいで調度良かったのかもしれません。