ここはH1タグです。このページを象徴する一文を入れます。

このページについて

このページはレスポンシブwebデザインのサンプルです。Khamsin-noteというブログのコンテンツの1部です。ソースコードはこちらからコピーしていただいてかまいません。特に権利は主張しませんのでご自由に改変して使ってください。

メイン部分です。「お知らせ」とかサブタイトル H2タグ

タブレット(iPadなど)の縦画面では、それらのデバイスの画面幅にフィットします。以下ダミーテキストです。

いやただんではたではけちの生意気らのうちがこそすっかりいい気ましたて、これでも火花を帰っせことなまし。わらっすぎ何はゴーシュが青くたらから今夜のかっこうのガラスらがし第十床たちのきょろきょろが出から行っうない。ぱちんととめておじぎをは元来見ろているう。セロも二わからうちのようをしてやるだ。

すると一生けん命はぐっとくわえずた。はげしく遠慮たと運びながらいて風にはじめようない両手をとりてするといちばんゴーシュが日云いなくだ。思わずかとゴーシュはてしいんと睡ったたてないのをはこんどはセロの口ますまし。沓は何がいまたかっこうのためぼくがすぎでようとよほんとう光輝を工合へききで何か云いのを出すでしまっやまし。「ではまた今夜のドレミファ。

あなたはまねにひいて、また手へ出しと川をやめたりみんなかへ死んでやったり考えないな。人もこの正確です猫みたいたセロと下げからドレミファのんをつかまえて水で答えてまげてセロに合せたたて、兵隊から鳴らしいるてたゴーシュだけのきましクラリネットいま習えでしなかに前へぶんをはかっこう団云いたまし。その譜悪いゴーシュもおれか顔つきですなあくるしんからねぼけ扉めでついて行きでくださいたた。ゴーシュとするてこそそれはセロの眼壁ましをしゃくにさわっむしっられた水車たばこを、へんはわたしからそう何週間まして見えでこんどは朝飯の栗のその頭を笑いのパンにふったりゴーシュの顔にしやありてはいっ過ぎの考えるとおいおいしていばいたらんだ。

サブです。ここもH2タグ

スマホで見た場合、ここはメイン部分の下部に移動します。タブレット(iPadなど)の縦画面では、それらのデバイスの画面幅にフィットします。以下ダミーテキストです。

からお料簡に云ってはいます事たば、鈍痛をも、同時にこれらかありて用いれれなありあれられないなとするが、先は用いけれどもやったた。はなはだじっとはやはり言い方という行くませので、私のも今日上じゃそれらのお経験はない載せくれますまし。

それはとこう煩悶のののご料簡はしていですですたらなけれで、何何のいた事でそう云うですに従って存在たが、しかしその他人の博奕に握っれるて、それかにあなたの絵より鑑定がほかならてしまいます方ででしと見当安んずるけれども応用云ういるただ。

国家がつまり大森さんがするとあまり進また事でんた。岡田君はそれだけ一種がいがしな気あっでまい。(たとえば道義をなっ時でだろなてうは離さないたて、)多少しだっ自分に、文部省の大勢くらいあるから思うという、口の反駁はほかの以上だけ耽り読まのに云ったてお出かけごとよしとくれんというご事ませのでしょ。あなたはともかく飯が云っですようになっが来まし方ますてただとても驚知人知れだろだ。それならそう何篇は気持を気に入らて、時間を同時に圧しないあっとできるが、ないなますてまたお使用がいるないだろ。