WordPressでブログを始める時に決めなくてならないたった1つの事

公開日:2013年8月14日 

WordPressでブログを始める時に決めなくてならないたった1つの事

ホームページには様々な構成があります。ブログを資産にするのならURLを途中で変えてはいけません。そんな事態にならないためにもブログを開始する際には構成をしっかり考えましょう。


この記事、長々と書きましたが、結論としては「どちらでもいい」です。
途中で変えちゃいけません」と言いたいだけです。

既にホームページをお持ちなら「ホームページの中にブログを設置」を。そうでないならお好きな方で始めたらいいと思います。


前回の【えっ?私のブログ、URLの変更で1日で74,000円の損失?】続き

ブログのデザインや機能は後から変更や追加ができますが、ページ構成は後で変えられません。

URLを変更すると、どのようなリスクがあるかは【えっ?私のブログ、URLの変更で1日で74,000円の損失?】をご覧ください。ちょっと大げさですがそういう事です。

もちろん、絶対に変えられないわけではありませんが、URLを変更した時に使う301転送は、SEO効果が100%引き継がれるわけではないようですので、初めから将来を見越してパーマリンクの設定をしといて損はありません。

というわけで、ブログを始めるならホームページの構成だけはしっかりと考えましょうって話です。

ホームページの構成を決めよう

ドメインパワー(ドメインの価値)を上げるために、ホームページとブログを同じドメインでの運用を考えている方もいるでしょう。

ホームページとブログを同じドメインで運用するなら以下の2パターンが主だと思います。
(というか他には無いと思う…)

・ホームページの中にブログ設置
・ブログ型ホームページ

それぞれ詳しく説明します。

ホームページの中にブログを設置

kousei3-2

このように通常のホームページの中の1つのコンテンツとして、ブログを設置するタイプです。

この場合、■■■■.comの中の/blog/というディレクトリにブログのシステム(WordPress)をインストールすればOKです。

もちろん、トップページやメニュー紹介をWordPressで作っても問題ありません。むしろ、管理や更新を考えるとそちらを推奨します。

WordPressには「投稿ページ」と「固定ページ」が作れます。
投稿ページというのは、ブログの記事の事です。今ご覧のこの記事の様に、本文の上には、日付やカテゴリー、投稿者などの情報が表示されます。

他方、当ブログの【このブログについて】が、固定ページです。
いわゆる「普通のホームページのページ」のように使えます。ブログ記事のように投稿者名や日付は表示されません。コメント欄も非表示にもできます。

この構成のメリット

1. 従来からあるタイプのホームページを望んでいる人(お客さん)はいます。「私はパンフレットの様に整理された情報が見たいの」という方にいきなり、ブログを見せてもすぐに帰ってしまうかもしれません。このような理由からトップページのパッと見が通常のホームページという構成は需要があります。

2. 今あるホームページにあとからブログだけを組み込めます。
既に上図のグリーンの部分がある場合、サーバーの条件が足りていれば、ブログのシステムを後から追加できます。

ブログ型ホームページ

kousei2-2

こちらのタイプでも「私はパンフレットの様に整理された情報が見たいの」という方の欲求を満たすようにトップページとグローバルナビゲーション(ページ上部にあるどのページでも表示される部分)をデザインすればいいかと思います。

スタンスとしては、情報発信が主になります。なので、ブログの内容が「どうでもいい話」ばかりだとトップページはとてもカッコ悪い状態になってしまいます。

この構成のメリット

1. ブログが面白ければ、リピート率の高いコーポレートサイトになる。

2. URLが少し短くなる

他にメリットが思い浮かびませんが、デメリットも思いつきません。

駆け足で書きましたが以上です。

追記:2013.12.19
冒頭でも書いておりますが、読み返してみると本当にどちらでもいい話だと思いました。ディレクトリ構成ではなくてデザイン次第でなんとでもなりそうな問題ですね。そんなこんな色々思うことはありますが、「途中で変えてはいけない」とだけ言いたい記事でした。

コメントを残す