Yahoo!アクセス解析とYahoo!タグマネージャーの利用条件は? 広告利用者 or 代理店だけ?

公開日:2013年10月16日 

Yahoo!アクセス解析とYahoo!タグマネージャーの利用条件は? 広告利用者 or 代理店だけ?

Yahoo!アクセス解析とYahoo!タグマネージャーが10月30日から利用可能というリリースがきました。利用条件はYahoo!プロモーション広告を利用している人のみです。一部、よくわからない表現がありましたが…


夏前からランディングページはできていた「Yahoo!アクセス解析」ですが、本日正式リリースされたようです。

Yahoo!アクセス解析は誰でも使えるのか?

Yahoo!アクセス解析

結論から申し上げると、誰でも使えるわけではありません。グーグルアナリティクスは誰でもスタンダード版なら無料で使えますが、Yahoo!アクセス解析の利用条件は、

スポンサードサーチもしくはYahoo!ディスプレイアドネットワーク(YDN)をご利用のアカウントは原則無料でYahoo!アクセス解析をご利用いただけます。

とあります。
というわけで、Yahoo!プロモーション広告の利用者のみが使えるようです。
(「スポンサードサーチもしくはYahoo!ディスプレイアドネットワーク」ってつまり、Yahoo!プロモーション広告って事ですよね?)

それで、アクセス解析を使うためには、

ご利用の際は、Yahoo!タグマネージャーを並行してご利用いただく必要があります。

タグマネージャーを使う必要があるようです。

Yahoo!タグマネージャーの利用条件

ytag

Yahoo!タグマネージャー

一方、タグマネージャーの利用条件ですが、

スポンサードサーチもしくはYahoo!ディスプレイアドネットワーク(YDN)をご利用のアカウントは原則無料でYahoo!タグマネージャーをご利用いただけます。

これもアクセス解析と同様にプロモーション広告の利用者のみです。
と、ここだけ読めばすっきりですが、このLPを下まで見ると、

ytag2

「代理店経由で〜」とあるので、どっちが正解かわからなくなりました。

私はYahooの代理店ではありませんが、クライアント様のYahooプロモーション広告の運用代行をしてますので、ここは非常に重要な分岐点です。

今日届いたメール

ymail

本日Yahoo!プロモーション広告から届いたメール(文書管理番号: OLSP-FY13-0984)には、上記のような記載がありました。要は、Yahoo!プロモーション広告を利用していれば使えるようです。

という事で使えるようになったら、使ってみようと思います。
現時点で一番気になるのは、googleのツールとコンフリクトしないかどうかです。以前、Yahooが解析ソフトを提供していた時期に使っていたのですが、google analyticsと同時に使えてましたので、問題ないと思いますが、タグマネージャー併用でどうなりますかね?< 追ってご報告いたします。


コメントを残す