問い合わせページなどで国名をドロップダウンで選択する為のselectタグリスト

公開日:2013年8月28日 

問い合わせページなどで国名をドロップダウンで選択する為のselectタグリスト

国名をドロップダウンリストで選択するためのselectタグ、英語表記のものが既にリスト化して公開されていたのでご紹介します。


a0003_001808

個人的にとっても作業が楽になったので、リンクを1つ紹介したいだけなのですが、それだと「ツイッターで済むじゃん」ってことになってしまうので、問い合わせフォームについてちょっとだけ。

無料で使えるメールフォーム

仕事では基本的にWordPressでサイト制作してますが、以前から存在するHTMLで作られたサイトを管理してたりもします。
問い合わせフォームを作りたい場合に、よく利用させていただいてるのは、

PHPメールフォーム多機能版 フリー(無料)|PHP工房

PHP工房さまは素晴らしいメールフォームをフリーで公開されています。
しかも「著作権情報も削除していただいてかまいません」とは太っ腹です。どうしてもそれを隠したいという案件もありますよね。

「改変等は自己責任でお願いします」とあるので、メールアドレスを2重チェックする機能を自分で書いて使わせていただいてます。

国リスト(英語版)

さて、そもそもなぜ、この記事を書いたかと申しますとこれをシェアしたかったからです。

海外向けの案件で問い合わせフォームを作成する必要があり「国はドロップダウンリストで選択できるようにして」と指示を受け、Googleで国リストを探したのですが、見つかりませんでした。国名が日本語のものは見つかったのですが、今回は海外向けサイトですので却下。

どこかのサイトからパクるかを参考にして1から書くかと考えましたが、指示を受けたメール(英語)をちゃんと読んでみたら、なにやらリンクが。
それがこれ↓

Country List for Form Menu

略称もフルネームのリストもありました。


きっと同じような状況で探してる人がいると思って記事にしました。このような記事は、検索されてポツポツ見てもらえたりします。

実は問い合わせフォームというのは、ホームページの中で最初に改善すべきページです。EFOという言葉があるくらい重要なポイントです。

現在、サイトに訪れた人が1000人いるとして、その内の1%がコンバージョン(問い合わせなど)してるとします。それをページの改善で2%にすれば同じ努力(サイトへの集客、広告)で効果は2倍になります。

とは言え、1%から2%に上げるというのは簡単ではありません。ちょっと本記事の本題から逸れてきたので、この話は別記事で書きます。

Yours sincerely,