MFクラウド会計・確定申告の特徴とメリットと改善してほしいポイント

公開日:2014年12月16日 更新日:2016年10月13日

MFクラウド会計・確定申告の特徴とメリットと改善してほしいポイント

個人事業主や法人の会計に対応したクラウド会計ソフトのMFクラウド会計・確定申告。現在当社でも経理業務のメインではMFクラウド会計を使っています。1ユーザーとしてMFクラウド会計ならではの特徴と改善してほしいポイントについて書きました。

MFクラウド会計・確定申告は株式会社マネーフォワードが運営するクラウド型の会計ソフトサービスです。
私が使い始めた頃は「マネーフォワード for business」というサービス名でしたが、2014年の夏頃にMFクラウド会計に変更したようです。

MFクラウド会計

「MFクラウド会計・確定申告」と、まとめてしまっていますが、「MFクラウド会計」と「MFクラウド確定申告」は別の会計ソフトです。

MFクラウド会計が法人用で、MFクラウド確定申告が個人事業主用です。個人事業主用のMFのクラウド確定申告は、白色申告にも青色申告にも対応しています。

会計と確定申告は、できることはほとんど同じです。これら2つの違いは、決算用の書類と一部の勘定科目と利用料金くらいですので、このページではまとめてご紹介いたします。

クラウド会計ソフト全般に共通する特徴については別ページにまとめました。

クラウド会計ソフト全般的に共通する特徴とメリット

MFクラウド会計・確定申告の良いポイント

どのクラウド会計ソフトにも共通している特徴やメリットについては「クラウド会計ソフト全般的に共通する特徴とメリット」をご覧ください。

本ページではMFクラウド会計・確定申告ならではの特徴とメリットについて説明いたします。

個人事業主も法人も使える

もともとクラウド会計ソフトのメインターゲットは個人事業主なのかわかりませんが、個人事業主の青色申告には対応しているけど、法人は未対応というものをよく見かけます。

MFクラウド会計は法人の経理に対応してます。ただ、個人事業主も正規の簿記での記帳をする必要があるため、機能はほとんど同じです。MFクラウド会計のサポートの方曰く、機能面で違うのは決算書関連の機能と一部の勘定科目だけだそうです。

金融機関はもちろん、通販サイト、アフィリエイトデータも自動取得

クラウド型会計ソフトなら、銀行やクレジットカードなどの金融機関の取引データを取得できるのはあたりまえですが、MFクラウド会計・確定申告は、Amazonや楽天、その他baseなどのECサイトシステム、A8.netなどのアフィリエイトサービスプロバイダ、クラウドワークスやランサーズ、Airレジなどの各種レジサービスのデータも取得できます。

MFクラウド会計・確定申告でデータの自動取得が可能な金融機関以外のwebサービス
(2016.10.13現在)

A8.net(AS会員)
Airレジ
Amazon.co.jp, Amazon.co.jp (出品者アカウント), Amazon.co.jp (出品者アカウント)決済期間集計
ASKUL
BASE
Ciモール
Coiney
CXDネクスト(加盟店様向け)
EC-Orange POS
econtext
HAPPY HANDS
LOHACO
MEDICAL SUPPLY GooDs
misoca
Moba8.net(AS会員)
PayPal
POS+
ReceReco
SALONPOS LinQ, SALONPOS Lite
ScanSnap
Square
STORES.jp
USEN Register (Uレジ), USEN Register for Beauty
VeriTrans3G
Yahoo!ショッピング, Yahoo!ショッピング(出品者)
カラーミーショップ
クラウドワークス(受注者アカウント),(発注者アカウント)
ストランザ
スマレジ
ソロエルアリーナ
たのめーる
もしもアフィリエイト
もしもドロップシッピング
モノタロウ
ユビレジ
ラクレジ
ランサーズ
楽天スマートペイ
楽天市場(my Rakuten),(出品者)
全東信WEB明細サービス

なお、公式サイトでは銀行の提携数は3404行と謳っておりますが、ひとつの銀行でも個人口座・法人口座・電子証明書口座と3つカウントしているようです。
自分でお使いの銀行が対応しているかは、公式サイトに全て記載されておりますので、下記リンク先でご確認ください。

MFクラウド 連携金融機関一覧

50個まで一括仕訳

私が会計ソフトに求めるのは、いかに経理業務を簡単に早く終わらせるかということです。なので最大で50個一括仕訳ができるのはとても嬉しい機能です。

今となっては50個一気に仕訳登録が必要になるケースはほとんどありませんが、最初、特に期の途中から使いはじめる場合は、一度にたくさん仕訳ができたほうが良いです。

一括仕訳登録

MFクラウド会計では、このように一括登録ができます。

レシートの読み取りは専用アプリで

私は基本的に現金を使いません。支払いをできる限りクレジットカードで済ませれば、自動でデータが取得できるからです。

しかし、世の中にはどうしても現金でしか支払えないお店があります。身近な例だと郵便局で切手を買う時がそうです。

月に一度あるかないかなので、手入力でもいいのですがMFクラウド会計純正のスマホアプリでレシートの読み取りができます。

ちなみに社外製のRECERECO(レシレコ)というアプリでも、レシートの読み取りができ、MFクラウド会計と連携することにより自動でデータを取得できます。

追記:2015/11/6

10/30の新しい公式アプリリリースにより、レシート読み取りアプリは廃止されました。
既にダウンロードして使っている場合は継続利用ができますが、公式ではReceRecoの利用を推奨してます。
新しい公式アプリについては後述。

請求書作成管理サービス「MFクラウド請求書」と連携

請求書を管理するサービス「MFクラウド請求書」と連携できます。請求書を作成すると、売上高と売掛金が自動的に仕訳されます。さらに入金予定の予定仕訳までしてくれます。後は銀行に入金されたのを確認したら予定仕訳を「実現」にします。売上関連の経理作業はこれだけで済ませることができます。

チャットサポートのレスポンスが早い&わかりやすい

営業時間中はチャットでも問い合わせができます。チャットはログイン後の全ページのどこからでも使えます。

URLを教えてもらって「ここをこうしてください」とアドバイスをいただけたりしますので、電話よりスピーディーに事が解決します。
何度か使いましたが、毎回質問して1分以内にレスポンスもくれたりと対応は早いです。
強いて言うなら、チャットのウインドサイズをドラッグで変更できればいいと思います。縦サイズも変更できないので、少し前のやりとりを見たい時にすごく小さい窓でスクロールしないといけません。

windowsize

追記:2015/12/22
本日MFクラウド会計にログインしたところチャット画面の仕様が変わっておりました。

以前と同じ位置(MFクラウド内全ページの右下)にあるのは変わらないのですが、ファイル送信やログをメールに送る機能が付いています。

新しいチャットウィンドウ

さらに、以前個人的に不満だったチャットウィンドウのサイズも変えられるようになりました。
正確に申し上げると、ウィンドウサイズは変えられませんが別ウィンドウにすることができるようになりました。

チャットウィンドウを大きくした

わかりにくいですが赤枠で囲んだ部分が別ウィンドのチャット画面です。別ウィンドウにした場合の幅は最大で650px程です。

改善してほしいポイント

1ユーザーとして改善してほしいポイントです。ここがこうなったら今より良いんだけどなぁと思ったポイントです。

自動仕訳登録機能は無い

freeeにはある自動仕訳登録がMFクラウド会計・確定申告にはありません。MFクラウド会計・確定申告も取引データの自動取得と勘定科目の自動提案はありますが、「自動登録」はありません。

自動仕訳登録というのは、自動取得した取引データが特定のパターンの場合、手動で登録する必要がなくなる機能です。

例えば、銀行の取引データで「入金 5円 利息」というデータを自動取得したら自動で、「普通預金 5円 / 受取利息 5円」と仕訳をして登録してくれる機能です。

MFクラウド会計でも、「普通預金 5円 / 受取利息 5円」という仕訳まではしてくれるのですが登録は手動です。たった1クリックですが、年間を通してみればかなりの時間節約になると思います。

銀行の受取利息やクレジットカードの東京電力、東京ガス、携帯電話の引き落としなどは、決まったパターンなので自動で登録してほしいと思います。

ただし、Amazonなどのいろいろなものを扱っている取引先だとその機能は使えません。
このような理由で自動登録が活躍するシーンは多くないのです。
それでも無いよりあった方がいいです。

専用アプリが無い

MFクラウド会計・確定申告のスマホアプリはあるのですが、私が欲しいのはfreeeのアプリのようにスマホやタブレットで仕訳登録ができるものです。
経理業務がデスク以外でもできればいいなと思ってます。

追記:2015/11/6

会計ソフトMFクラウド会計・確定申告分析アプリ

2015年10月30日に新しい公式アプリがリリースされました。
ただし、このアプリは財務状況を閲覧するだけのアプリであって、仕訳などの経理作業ができるものではありません。

記帳開始から現在までのキャッシュフローと損益(売上総利益、営業利益、経常利益、当期純利益)のグラフと現在の口座残高が見られます。
グラフはフリックするだけで、期をまたいで見られるのが良いです。

mfcloudapp
※画像はイメージであり当社のキャッシュフローを表すものではありません。

MFクラウド会計・確定申告の料金プランとサポート

price-kojin3-min

MFクラウド確定申告(個人事業主用)

あんしん電話サポートプランは年額17,200円です。月払いはありません。

ベーシックプラン(電話サポート無しプラン)は月払いは月額800円で年払いだと8,800円ですので、年払いの方が800円お得です。

前述のとおりチャット機能がかなり改善されたので電話サポートは必要だとは思いません。
しかし、どうしても電話サポートが必要だという人は、あんしん電話サポートプランを選択する必要があります。

どうしても電話サポートが必要な個人事業主の方でしたら、やよいの青色申告オンラインのベーシックプランの方が安い(今なら年6,000円/通常12,000円)ので検討してみるのもいいかもしれません。

やよいの青色申告オンラインは、年額8,000円で使えるセルフプランがありますがこちらはサポートが全くない上級者向けです。サポートが必要でやよいの青色申告オンラインを選ぶならベーシックプランでなければ意味がありません。

やよいの青色申告 オンライン

MFクラウド会計(法人用)

price-houjin3-min

法人用のMFクラウド会計は、ライトプランとベーシックプランの2つのプランがあります。
個人用とは違ってこの2つのサポート内容は変わりません。電話サポートもメールもチャットもあります。

ライトプランとベーシックプランで違うのは、電子証明書連携ソフトの利用や部門設定など高度な機能の有無です。
私は旧プランから使っているのでベーシックプランですが、今選ぶならベーシックプランの高度な機能(電子証明書等)は使っていないのでライトプランで充分です。

料金はライトプランが1,980円/月、21,780円/年で、年払いは1,980円お得です。
ベーシックプランの料金は2,980円/月、32,780円/年で、年払いは2,980円お得です。

MFクラウド会計・確定申告まとめ

サービス名 MFクラウド会計 MFクラウド確定申告
運営会社 株式会社マネーフォワード
対象ユーザー 法人 個人事業主
(青色申告&白色申告)
初期費用 0円
利用料金 ライトプラン:
1,980円/月
年額一括払い21,780円
(1,980円お得)

ベーシックプラン:2,980円/月
年額一括払い32,780円
(2,980円お得)

ベーシックプラン:
800円/月
年額一括払い8,800円
(800円お得)

あんしん電話サポートプラン:
17,200円(年払いのみ)

提供形式 クラウド型
インストール 不要
共有ユーザー数 無制限
何名でも共有可能
3名
4人以上は1名につき300円/月で追加可能
対応OS windows, mac os, iPadでも使えます。
サポート 無料 メール チャット 電話
アップデート 無料
取引データの自動取り込み 対応
 銀行 3404行
 クレジットカード 131社
 電子マネー 25社
 通販 8社
 その他 35社
レシート取り込みアプリ RECERECO(レシレコ), MFクラウド経費に対応
連携サービス MFクラウド請求書, MFクラウド給与, MFクラウドマイナンバー
MFクラウド経費, MFクラウド消込
iPhoneアプリで操作 できない
口座残高、キャッシュフロー、損益の閲覧は可能
決算書類 貸借対照表
損益計算書
販管費内訳書
株主資本等変動計算書
表紙
確定申告書B
青色申告決算書
勘定科目の自動提案 有り
一括仕訳登録 最大50件
自動仕訳登録 できない
データのインポート 弥生会計, 会計王, 勘定奉行, やるぞ!青色申告, freee
JDL(IBEX 会計), JDL(IBEX 出納帳), PCA
財務応援, ミロク, A-SaaS, CASH RADAR
データのエクスポート 弥生会計, 勘定奉行, JDL(IBEX 会計), PCA
財務応援, ミロク, TKC

当社では現在MFクラウド会計をメインで使ってます。他の会計ソフトも良いのですが、料金と一括仕訳登録の件数とサポートが優位なので使い続けてます。

MFクラウド会計・確定申告ならエクスポート機能もありますので、もし使い始めてから気に入らなかったり、他の会計ソフトを使いたくなった時でも、安心してデータの引越しができます。

まずは無料で始められますので使い心地を試してみてはいかがでしょうか。

MFクラウド会計(法人用)

MFクラウド確定申告(個人事業主用)

当ブログの会計ソフト比較でも1位のMFクラウド会計は、とにかく使いやすいです。
MFクラウド会計との付き合いも、もう3年経ちましたが、今後も使い続けたいイチオシの会計ソフトです。

コメントを残す