迷惑メールがきたので当局への通報とメール配信業者への報告と情報商材ASPに相談してみた

公開日:2013年9月25日 

迷惑メールがきたので当局への通報とメール配信業者への報告と情報商材ASPに相談してみた

迷惑メールは犯罪です。犯罪を見過ごすわけにもいかないので、迷惑メールを精査して各所に通報、報告、相談してみました。


gmailの迷惑メールフォルダには、迷惑ではないメールも入ってしまうこともあるため、定期的にチェックしています。
ところが、最近になって本物の迷惑メールが届くようになったため、定期チェック業務に支障をきたしております。

迷惑メールは犯罪です。ブログのネタにでもしようと目の前で起こった犯罪を見て見ぬフリはできないので、通報や報告をしてみました。それらについて書き留めておきます。

迷惑メールは犯罪です

とりあえず法律の話

広告宣伝メールについて、「特定電子メール法」によって「原則としてあらかじめ送信の同意を得た者以外の者への送信禁止」「一定の事項に関する表示義務」「送信者情報を偽った送信の禁止」「送信を拒否した者への送信の禁止」などが定められています。

これらのルールを守っていないメールは違法となり、総務大臣及び消費者庁長官は、メールの送受信上の障害を防止するため必要があると認める場合、送信者に対しメールの送信方法の改善に関し必要な措置をとるよう命ずることができます。

送信者情報を偽って送信した場合や、送信者が総務大臣及び消費者庁長官の命令に従わない場合には、1年以下の懲役または100万円以下の罰金(法人の場合は、行為者を罰するほか、法人に対して3000万円以下の罰金)に処せられます。

http://www.dekyo.or.jp/soudan/taisaku/1-2.html

たかが迷惑メールが犯罪と言える程のものか判断つきませんが、処罰されるということは法に触れてるってことです。
昔、どこかの刑事さんが「事件に大きいも小さいも無い」言ってましたし、悪いことは悪いという判断で良いと思います。

迷惑メールの例

実際にきた迷惑メール(スパムメール)をいくつかご紹介いたします。

「お得情報倶楽部!」さんから

meiwaku3

gekiatsu_jyouhou@yahoo.co.jpからaccessmail.jpを経由して配信されています。yahooのアドレスは捨てアドだと思うので、精査するだけ時間の無駄です。

AdSenseが停止してしまいそうなので、内容は伏せておきます。

で、次

「たった1回の作業で半永久的に収入を得る方法!」さんから

meiwaku6

jxnxfsjizjzup7@softbank.ne.jpからきましたが、こちらも捨てアドでしょう。
無条件で年間2400万円手に入れる方法を教えてくれるそうです。

他にも似たような「稼ぐ方法」や「アダルト」の迷惑メールが多数きております。
アドレスは、xokrtt5173219@docomo.ne.jpやteiamjfjdcjcok689@ezweb.ne.jpですが、これを停止させたところで、また別のアドレスからくるんでしょうね。

公的機関「日本データ通信協会」への通報

headttl

迷惑メールが届いた場合、公的機関である迷惑メール相談センターへ通報しましょう。氏名・住所・電話番号などの個人情報は必要ありません。

公的機関がこのような業務をしているとは知りませんでした。公的機関っぽい名前を語る団体も多いですが、この団体は警視庁のwebサイトにも掲載されていたので、問題ないでしょう。

メールマガジン配信スタンドへ報告

公的機関へ通報してもすぐに迷惑メールが即停止されるわけではありませんので、迷惑メールの配信システムの運営者に報告して、その配信システムから送信されている迷惑メールを止めてもらいましょう。

配信システム業者もスパム行為は厳しく取り締まっているようなので、そのような一部の悪事のあるユーザーの行為は迷惑していると思います。

受信した迷惑メールの内、数件はアクセスメールというメルマガスタンドを経由して配信されていましたので、アクセスメールさんのサイトにアクセスしてみました。

サイトには「迷惑メールに関する報告はこちら」というページがありましたので、必要な情報をコピペ&入力して送信しました。コメント欄、備考欄が無かったので、本文を記載する欄に

「こんなくだらないメール送りつけて簡単に人を騙せると思ってるのか?2度と送りつけてくんなよ。ほんと迷惑してるんで回線切って(略)ね。とユーザーさんにお伝え願います。以下、迷惑メール本文です」という旨のメッセージを追記いたしました。

アクセスメールは有料の配信サービスなので、支払情報などの個人情報は所有しているはずです。メッセージがスパマーに届いたら幸いです。

アクセスメールを運営している株式会社ジャパンウェブサービス様は、善良なメール配信業者なので、迷惑メールはキッチリ排除してくれることを期待してます。

ちなみに、アクセスメールをいろいろ辿ると、BULKS.JPというドメインに行き着きますが、これはホスティング(レンタルサーバー)業者です。アクセスメールのシステムが入ってるサーバーってだけのことです。

アフィリエイターIDをASPにご報告

メールヘッダーを見ても何もわからなかったものがあったので、別の方法を試してみました。
情報商材ASPは、迷惑メールに対応する義務も権限もないのですが、手がかりがこれしか無かったので、ご協力いただけないか相談してみました。

スパムの発信者に一番近い情報を取得する

情報商材ASPに「御社で扱っている商材を売ろうとしてるアフィリエイターから迷惑メールがきたので止めさせてください」と通報したところで、個人情報保護の観点からASPは対応に困るでしょう。

なので、できる限りの事はこちらで調べないといけません。
ということで、アフィリエイトIDを調べます。

先ほど掲載した迷惑メールの中に「http://tinyurl.com/n2um6cp」とありましたが、tinyurl.comはURL短縮サービスです。
その短縮URLをクリックして開くページは「http://se◯◯◯◯emale.com/big◯◯1/」というURLのページです。
でも、これだとアフィリエイト報酬に紐付ける情報が何も無いので、短縮URLと表示されるページの間に何かあるのだろうと予想がつきます。

そこで、firefox用のアドイン「HttpFox」を使います。

HttpFox

HttpFoxを使うとブラウザとサーバー間のやりとりを全部記録することができます。

meiwakumail1
ボカしたつもりだったが読めてしまう…

予想通り間に何かありました。

「http://www.info-point.jp/15208/31352/」

これが怪しいです。ここにアクセスすると、商材の説明ページに転送されます。つまり、迷惑メールに記載してる短縮URLは、これを短縮したものです。これの15208というのは商品コードらしいので、31352が個人IDなのではないでしょうか?その後も少し精査しましたが、個人に紐付きそうな数値や文字列は見当たりませんでした。

ASPのinfo-point.jpを運営する株式会社YS様に
「31352と他数名から迷惑メールがくるが、手がかりが御社IDしかない。なんとかしたいので、なんとかするための手続き方法を教えて下さい」
という旨のメールを送りました。

先ほどメールしたばかりですので、返事は明日以降になると思います。返事がきましたら追ってご報告したいと思います。

本日のところは以上です。

追記:2013.9.26
株式会社YS様からはメールをした翌日にお返事がありました。メール内容の詳細は伏せておきますが、YS様の対応に満足しております。そのスパマーに関しては、他からも同様のクレームがあったようです。

webサービス等ではそれ用のアドレスを使用しているのですが、迷惑メールが届いているのは、名刺などに書いてある、対人用のアドレスです。どこから漏れたんだろうか?

便利なサイト

・Google Apps Toolbox
https://toolbox.googleapps.com/apps/messageheader/
メールヘッダーをコピペすれば、経路をわかり易く表示してくれます。

・aguse.jp
http://www.aguse.jp/
ドメインやURLからドメイン所有者やサーバー所在地などを、分かる範囲で教えてくれます。