マリーナ・ベイ・サンズとソフトバンク、18年前の関係

公開日:2013年8月25日 

マリーナ・ベイ・サンズとソフトバンク、18年前の関係

マリーナ・ベイ・サンズのオーナー、ラスベガス・サンズのCEOのシェルドン・アデルソンは資産240億ドルの大富豪。そんな彼のキャリアのとても重要な部分でソフトバンクは絡んでます。


マリーナ・ベイ・サンズとマーライオン

マリーナ・ベイ・サンズとマーライオン

2,3年前にマリーナ・ベイ・サンズを舞台にしたSMAP出演のソフトバンクのCMがありましたが、それより15年ほど前からサンズとソフトバンクは関係がありました。

昨年の9月にシンガポールに行ったのですが、泊まったホテルがインフィニティープールで有名なマリーナ・ベイ・サンズというところでした。
ランダムな部屋割りツアーでしたが、運良くタワー3の30階の海側で本当に良かったです。

グアムのナマコみたいに船でいっぱいなシンガポールの海

船舶がグアムのナマコみたいにたくさん

それにしてもあのホテル、ビルの上に船みたいなものをくっつけちゃうんだから凄いですよね。トンデモ建築だと思います。

そんなマリーナ・ベイ・サンズ、誰が作ったのかと調べてみたら、アメリカのカジノリゾート運営会社の「ラスベガス・サンズ」という会社が作ったそうです。CEOは、シェルドン・アデルソンという人物です。

会社名がラスベガス・サンズというくらいなので、もちろんラスベガスにもカジノホテルを持っています。(マリーナ・ベイ・サンズもカジノあります。24時間営業です。)

撮影禁止だったらしい

24時間営業のカジノ。撮影禁止だったらしい

シェルドン・アデルソンという人物は60歳を過ぎてからカジノリゾート事業を始めてます。それまでも様々な事業をしていたそうですが、有名なのがCOMDEXというコンピューターの見本市です。

そのCOMDEXを1995年に売却します。
COMDEXを約8億ドルで買ったのがソフトバンクなのです。
マリーナ・ベイ・サンズがオープンしたての頃に、ソフトバンクのCMで使われたのはそんな関係もあっての事なのかもしれませんね。(関係ないか…)

屋上のインフィニティープール

屋上のインフィニティープール

その後、その資金でラズベガスの老舗ホテルのサンズを買収、数年で爆破解体し新たに建てたのが「ベネチアン」

さらにその後、マカオに「ベネチアン・マカオ」そして、シンガポールに「マリーナ・ベイ・サンズ」など、次々に巨大カジノを建設。
シェルドン・アデルソンの資産は240億ドルになり、世界屈指の大富豪になりましたとさ。めでたしめでたし。

毎日こんなショーをやってます

毎日こんなショーをやってます

還暦過ぎてから事業を始めたと言う話でよく出てくるのは、ケンタッキーフライドチキンのカーネルサンダースですが、シェルドン・アデルソンも…
いや、違うか。彼はCOMDEXを始め若い頃から十分に富豪ですね。

サンズのwebサイト見た個人的な感想ですが「なんでも思いっきりやれ!」というのが伝わってきました。
これだけ思い切りやれば比較的短期間で世界一のカジノ王になれるんだなと。


こんな感じで、世界の富豪に興味があります。
その人はどんな事業をどのようにして財を成したかとかを本で読んだりします。それを真似たり参考にしたりはしません(と言うかできませんって)が、単純に興味があるのです。なので時々こうやってブログで書こうと思います。


コメントを残す